糖質 糖類 違い

糖質・糖類・炭水化物・砂糖の違いとは?

糖質制限の知識!糖質・糖類・炭水化物・砂糖の違いがわかりますか

 

よく炭水化物抜きの食事、糖質オフのビール、糖類ゼロのジュースのように糖質や糖類、炭水化物そして砂糖などの言葉がごちゃまぜに使われています。

 

しかしこれらは実際には全く違うもので区別しないといけません

 

糖質とは何か

糖質制限の知識!糖質・糖類・炭水化物・砂糖の違いがわかりますか

 

人間が食べる栄養素はたんぱく質と脂質と炭水化物の3種類があります。

 

これらまとめて三大栄養素といわれています。
このうちの炭水化物はカロリーのあるものとないものの二つに分かれます。

 

カロリーがないものは食物繊維といわれていて炭水化物の中でもカロリーを発生しないものです。

 

一方カロリー発生するのは糖質といわれていて1gあたり4kcalのカロリー発生します。

 

つまり炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたものだということができます。

 

糖質と糖類の違い

糖質制限の知識!糖質・糖類・炭水化物・砂糖の違いがわかりますか

 

それでは糖質と糖類はどう違うのでしょうか。

 

糖質は様々な種類があります。

 

例えば多糖類、オリゴ糖類、単糖類、ブドウ糖、二糖類そしてとアルコールの5つの種類に分かれています。

 

この5種類全て合わせて糖質といいます。
糖質はブドウ糖やデンプンそして糖アルコールなどすべてを含みます。

 

つまり甘いと感じる糖質も甘くないと感じる糖質も人工甘味料のような糖質も全て糖質だということができます。

 

糖類とは

それでは糖類とは何なのでしょうか。

 

糖類はブドウ糖や果糖のように1個だけまたは2個で存在する糖質のことをいい、砂糖や麦芽糖、ショ糖などがその例です。

 

つまり糖類というのは甘い糖質というふうに考えておくと分かりやすいです。

 

ご飯は甘くありませんがブドウ糖がたくさんつながった物質ですので、糖質です。
砂糖はブドウ糖がそのまま存在しているもので糖質です。
そしてパルスイートのような人工甘味料も糖質です。

 

甘くなくても糖質が含まれている

糖質制限の知識!糖質・糖類・炭水化物・砂糖の違いがわかりますか

 

このようにご飯や麺のような食物にも糖質が含まれています。

 

甘くないので気づきにくいのですが、血糖値を上げる糖質はしっかりと含まれています。

 

ですので、いくら砂糖を控えたりお菓子を控えたりしてもご飯やパンそして果物や麺類などを食べていると糖質を大量に取ってしまっていることになります

 

糖質を多く含む食べ物

甘くないものもありますが、糖質を含んでいます。

 

糖質制限の知識!糖質・糖類・炭水化物・砂糖の違いがわかりますか
糖質制限の知識!糖質・糖類・炭水化物・砂糖の違いがわかりますか

 

ご飯や小麦粉パンや麺類そしてビーフン、サツマイモ、ジャガイモ・春雨といった食べ物そして砂糖・蜂蜜はもちろんですが、あずきやいんげん豆にも多く含まれています。

 

かぼちゃやトウモロコシはたくさんの糖類を含んでいて、いちごやりんごなどの果物をもちろん糖質を多く含みます。

 

それ以外にケチャップや白味噌みりんにもたくさん含まれていますので、注意が必要です。

 

糖質が少ない食品

糖質制限の知識!糖質・糖類・炭水化物・砂糖の違いがわかりますか

 

糖質が少ない食品は必ずしも甘くないというわけではありません。

 

例えばパルスイートやラカントsという人工甘味料は人が食べると甘いですが、カロリーは発生しません。

 

それ以外にこんにゃくやおからなどの食物繊維が多い食べ物、大豆やアーモンドやピーナッツに代表されるようなナッツ類、それ以外にオクラやきゅうり、チンゲン菜や大根などは糖質が少ないです。

 

きのこ類、海藻類、魚・肉や卵や牛乳なども糖質をあまり含んでいません。

 

アルコールの中ではウイスキー、焼酎やラム酒などが糖質が少ないです。

 

もちろん緑茶やコーヒーもあまり糖質を含んでいませんし一緒や黒い味噌なども糖質が少ないです。

 

カロリーが0なのに糖質を含んでいるジュース?

カロリーが0キロカロリーと書いてあるのに糖質が4gなど糖質が含まれているノンシュガーのジュースなどがあります。

 

なぜ糖質が含まれているのにカロリーがないのでしょうか。

 

それは人工甘味料も糖質の種類なので糖質と書かないといけないからです。

 

ですが、実際には糖質が入っていても人間の体では消化されずにカロリーにはなりませんので、安心して飲むことができます。