女性器 黒ずみ 市販薬

女性器の黒ずみを市販薬で解消できる?

バリア機能
0.02ミリの角層が外からの刺激を守ります。お風呂に浸かっていてもこれからどんどん体の中に入ってこないのは角質にバリア機能があるからです。バリア機能を保っているのは表皮の一番上にある隠そうというものです。

 

角質は角質層ともいわれ0.02ミリのとても薄いところなのですが、角質細胞間脂質セラミドなどが隙間をぴったりとめてこの細胞と細胞がぴったりくっついているという所で刺激物などが体に入らないようになっているのです。

 

 

肌の潤いを保つ機能

 

もうひとつ確実にはなくてはならない機能はあります。
それは保水作用乾燥肌など肌が不健康でない状態では水が20%から30%含まれています。

 

この潤いは外から補うのではなく肌の中から出てくる水でそれを保持して維持しています。

 

セラミドは細胞と細胞をくっつける働きがあるとお話ししましたが、実は保湿成分としても重要な働きを担っています。

 

このセラミドを作る力が弱くなると角質の水分が全部蒸発してしまい肌の乾燥が進んでしまいます。

 

 

基底側肌を作る表皮の中で一番働くのが基底層です。
基底層が薄い層なのですがいくつもの作用をしています。

 

女性器の黒ずみを市販薬で解消できる?

 

基底層の働き

 

なぜ消費を生み出す
次に毛細血管から栄養や酸素を供給する最後に消費を守るという重要な働きもあります。

 

表皮は外からダメージを受けても元に戻ることができます。しかし真皮まで続いてしまうと完全に元に戻らなくなってしまいます。それなので表皮は頑張って真皮を守っているのです。

 

メラニンを作るメラノサイト
基底層にはシミのもとになるメラニンの生成するメラノサイトもあります。
ここにメラノサイトがある理由は真皮に紫外線が引かないようにブロックしてくれるためです。

 

 

基底層が衰えると黒ずみが悪化する
年齢とともに肌が潤いを失ってゴワゴワになっていくのですが、とりわけ基底層が衰えるとメラニンが真皮にまで落ちてしまいこの黒ずみはとても取ることができません。

 

ダイエットなどでタンパク質が不足すると基底層が弱まります。
ですので無茶なダイエットをしたり規則正しくない生活をしたりすると肌が駄目になってしまうのはこのせいなのです。