猫が小鳥を殺したり、とかげを殺すのをやめさせるには

猫が小鳥を殺したり、とかげを殺すのをやめさせるには

 

猫は餌を十分にもらっていれば殺した鳥や小倉ネズミなどを食べることはありません。

 

小谷とりあえず3などを殺すことはいけません。

 

ですので、早く取り上げて自然に返してあげることが大切です。

 

まず獲物を捕らえてきた猫は持ち帰ってきた鳥を床に置きます。

 

その時が一回目のチャンスです。

 

さっととるようにします。

 

その時猫を抱き上げて猫を引き離すという方法もあります。

 

そうやって猫を取られた後に猫を遠くに置いてことりをすきにとります。

 

そうすることで小鳥を救うことができます。

 

小鳥を作ったらトイレなどの部屋に入って鍵を閉めて猫が入れないようにします。

 

そして小鳥に怪我がなければそのまま自然界に話します。

 

猫は間引きますが、5分程度すれば忘れてしまいますので、ほっておけば大丈夫です。

 

いもの餅が入ってきたで怖いものを良く床に置きます。

 

その時が一回目のチャンスです。

 

猫の食事と栄養

肉や魚は生のままそれとも火を通して与えるのか野生の動物は肉や魚をそのまま食べます。

 

つまり加熱調理などをして食べません。

 

その場合人間が与える場合でも加熱調理をしなくていいのでしょうか。

 

結論からいうと加熱する必要があります。

 

それは野生の肉は新鮮で雑菌などが繁殖しないしていないのに対して人間が食べているものは火を通さないといけないぐらい品質が劣化しているからです。

 

陰湿が落ちてるものネコネそのまま食べさせると吐いたりして栄養になりませんので、人間が生で食べられるものは生のままで与え火を通さないできないものは火を通したら体内てきません。

 

猫は人肌の食べ物を食べます。

 

獣は少し痛い音を持っています。

 

冷蔵庫で冷やした方が冷たすぎてそして加熱調理したものは暑すぎます。

 

猫の気持ちになって考えてみると30度ぐらいの対応を持った敵を食べるんですから、温度は20度から30度ぐらいになっていないと駄目です。

 

よ猫は冷たいもの出しても食べますが、後で吐いたりして結局無駄になりますので、常温に戻すということが大切です。

 

イワシをあげる場合は水煮をして油を取り除く必要があります。

 

切り身ではなく全体を与えることが大切で色々な肉や魚を与えることは大切です。

 

タイなどの硬い魚は骨を取り除いて与えないといけません。

 

味付けはいいません。

 

キャットフードばかりではかわいそうなのかキャットフードだけを与えると可哀想だと考えている飼い主さんが多いですが、人間だから人間が食べるものを食べて美味しいと思うのです。

 

猫には猫に最適なものをあげる必要があります。

 

猫の味覚は人間の味覚と違いますし、必要な栄養素も全く違って人間よりタンパク質はたくさん入ります。

 

ですので、猫のために考えられているキャットフード与えることが猫のための一番大切なことです。

 

とはいってもキャットフードにはドライのタイプや柔らかいもの缶詰で魚が入ってるものなど様々あります。

 

キャットフードを選ぶときは猫のために考えられているそして年齢親猫7日子猫なのかといったことに対応しているキャットフードを与える必要があります。

 

キャットフードは缶詰とドライどちらがいいのかどちらも総合的に猫の栄養考えていてずっと食べていても子猫の体の機能が保たれるようになっています。

 

ですので、どちらが選んでもよいということになります。