カリカリマシーン レビュー

猫の自動給餌器

 

そうするとすればどうしたらいいのでしょうか。

 

そもそも猫の相性というのは猫同士にしかわからず人間が介入することはできません。

 

ですので、仲良くさせるということはナンセンスです。

 

その場合は力が強い者と弱い者の差がついた時仲良くしているように見えますが、それは弱いものが大きいものに立ち向わなくなっただけで仲良くしているわけではありません。

 

ですが、仲の良い猫というのも存在します。

 

子猫が新しく買い始める時たくさん猫を飼っていてさらにもう一匹猫を追加するとき子猫ならほとんど問題はありません。

 

元々いた猫は子猫に喧嘩を仕掛ける事ありません。

 

しこ猫は喧嘩をすることを知りません。

 

ですので、じゃれあって自然と普通に生活できるようになります。

 

しかしことなので後を新たに連れてくるとなると話は別です。

 

上下関係力関係がありますので、喧嘩をしたり餌を独占したりするのとトラブルが起こります。

 

猫を新たに追加する場合は元々いた猫を可愛がってあげる必要があります。

 

人間もそうですが、新しい赤ちゃんなどが増えて上の子が嫉妬しておねしょをしたりするようになることがあります。

 

幼い幼児がえりというものですね。

 

この場合も嫉妬心を抱いておしっこをしてマーキングをして西野注目を浴びようとしたりするものですので、新しい猫が来た時は今までいた猫を可愛がってあげるようにしましょう。

 

猫の
#

 

犬と猫は仲良くなれるのか

犬と猫を一緒に飼って仲良く遊ばせることはできるのでしょうか。

 

まず子供同士であれば問題ありません。

 

子猫と子犬一緒に飼っているとじゃれあって成長するので分け隔てなく大人になった後でも暮らしています。

 

ですが、大人同士の犬と猫を一緒にしても仲良くはなりません。

 

存在を無視するぐらいで仲良く暮らすというには程遠いでしょう。

 

人間が猫と犬を仲良くして欲しいと思うのは人間の勝手な思い込みです。

 

ですので、それを押し付けることはできません。

 

もともと野生の動物は単体で生育しているもので誰かと登録し合って育つようにはなっていないからです。

 

猫がなかなか名前覚えてくれない猫は犬と違って自分の名前をなかなか覚えてくれません。

 

名前を呼びかけても全く振り向きません。

 

し振り向いたとしても端に餌を持ってるから振り向いているだけということもあります。

 

名前を覚えさせるにはどうしたらいいでしょうか。

 

それは猫の知能に戻るのですが、しょっちゅうか猫の顔を見ながら名前を呼びかけるしかありません。

 

何度も話しかけてそれで覚えないのであればその猫は自分の名前を覚えることは難しいです。

 

#

 

猫が小鳥や虫など音が出てくるのをやめさせるには猫はことりやネズミそしてトカゲなどを取っておもちゃにする習性があります。

 

これは本能的に止めることができません。

 

猫は獲物を刈り取るという修正がありこれを人間がどうにかすることはできないからですね。

 

物取って来た時は早く取り上げて話してあげます。

 

そうしないとおもちゃにしてだんだんと死んでしまいます。

 

参照元:カリカリマシーンのレビュー